Dsus4 -でぃー・さす・ふぉー-

デジタルもの好きな日曜ミュージシャンのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

レコーディング

先輩のバンドのレコーディングにエンジニアとして参加しました!

宅録は何度もやってるけど、初のスタジオレコーディング。
パソコンを持ち出すワケにもいかず(笑)RolandのVS-1680にレコーディングしてPCに転送、ミックス&マスタリングする計画です。

ところが、VSちゃんは8ch仕様!!
ドラムに6CH、ギターx2、ベース、ボーカル…チャンネル足りない(;w;)
MTRなので個別に録ればOKなのですが、1発録りをご希望とのことなので、YAMAHA O1Xを持ち出してサブミキサーとして利用、ドラム6ch分を2chステレオにリアルタイムにミックスしてVSに直結!
これでVSに入力するのは6ch(Vo,Gu x2,Bass,DrumL,DrumR)になり、無事にレコーディング完了^^

ただ、上記の構成だと、ドラムのミックスは後で調節できないので失敗が許されない・・・緊張してO1X前に佇んでおりましたが、ドラマーさんが安定た音量をキープしてたのでクリップ(音割れ)の心配も無く、最初のバランス取ったきり、フェーダーをいじることがありませんでした^^;
逆にドラム以外の方の音量変化が激しく、VS担当の相方は終始フェーダーと格闘しておりました^^;

O1X内蔵のEQは気持ちいいくらい効きがよく、ドラム用サブミキサーとしては最高のデバイスではないでしょうか。
ドラマー1人1台にO1Xを!笑

とまぁ、そんなこんなでレコーディングを終え、VSからパソコンに転送しよう!と思ってたら、機材の電源ケーブルを忘れてきたっぽい(涙)
電源が無ければ機械は動きません…
うーむ…エンジニア失格です。明日朝イチで取りに行かなきゃ。。
これは来週提出のレポートを仕上げろってコトか!?
とゆーわけでレポートします。まだ題材の本も読んでないけど…それでは、ごきげんよう。
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Twitter

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

takechang

  • Author:takechang
  • 医療系SE。EMR開発してます。
    ギー太はFENDER USAのテレキャスターシンライン。
    古くからSONY党だったが、iPhone以来すっかりApple信者。
    Mac買ってもうた。
リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。