Dsus4 -でぃー・さす・ふぉー-

デジタルもの好きな日曜ミュージシャンのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

寿司屋サバイバル

ほんの出来心でした…

MOTHER(地球じゃないほう)が、寿司を食べに行こうと言うので、

生まれて20年と10ヵ月、初めて回転しない寿司屋に足を踏み入れたのです。

こじんまりとした、しかし暖かい雰囲気の店内。

人のよさそうなマスターに案内されカウンター席へ。

店内には常連と思わしき飲んだくれのオジサマたちが。

高級寿司屋デビューでそわそわしつつ、それを悟られぬよう

「今日のオススメは?」

通ぶってマスターに質問。

「コースにすると適当にいいのを握りますよ」

とのことなので、上にぎり(2,500円)をチョイス。

近年まれに見る贅沢。

いつもの贅沢といえば焼肉の特上2,000円だもんな。

閑話休題。

まずは白身の握り(魚の種類は判らない)から。

ふむ、寿司屋では最初に白身魚から出す…

美味しんぼで読んだ通りだ。

・・・うまい。

自慢じゃないが、回転してる寿司屋には何度か行ったことがある。

そんなものとは雲泥の差、まったく別の食べ物と言ったほうがよい。

母子ふたりでパクついていると、

「ゆっくり食べてくださいね^^」

人のよさそうなマスターに突っ込まれてしまった…恥

高級寿司屋では、みだりにパクつかず上品にゆっくり食べるべきみたいだ。

そんなワケで、にぎり7貫+赤だしを堪能したところで

「もう終わりなのかな…」

いくらなんでも7貫で2,500円は無いだろうと考える母子。

しばらくするとマスターが卵焼きと手巻き寿司を出してくれた。

「足りましたか?」

極めてソフトに、これで品物は終わりだと告げるマスター。

「ええ、堪能しました。」

満腹にはほど遠いが、コースは終了みたいなので おあいそ することに。


帰り道にふと考えた。

果たして、にぎりのコースに手巻き寿司はあるのか?と。

あれは貧乏たらしく寿司にパクつく母子を見かねたマスターが

サービスしてくれたものだったのかもしれない。。


結論

もう高級寿司屋なんか行かない(涙)
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Twitter

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

takechang

  • Author:takechang
  • 医療系SE。EMR開発してます。
    ギー太はFENDER USAのテレキャスターシンライン。
    古くからSONY党だったが、iPhone以来すっかりApple信者。
    Mac買ってもうた。
リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。