Dsus4 -でぃー・さす・ふぉー-

デジタルもの好きな日曜ミュージシャンのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

DigitalMusic講座第2回:音の3要素

遅筆でスミマセン。
バンドマン&ガールのためのデジタルミュージック講座


第2回:音の3要素


前回を見てない方は、コチラからどーぞ♪


今回は、デジタルミュージックを考える上で欠かせない
音の基礎知識編の締めくくりとして、音の3要素について
お話したいと思います!


"音"とは、空気の振動であるということは、前回の記事でご理解いただけたと思います。
(注:便宜上、空気の振動としていますが、空気じゃなくても、液体でも固体でも振動すれば音は伝わります。アコースティックギターの6弦をビーンと鳴らすとオナカにビリビリきて気持ちイイのは、ギターの胴の振動が直接カラダに伝わるからですね。笑)




普段耳にしている音。ギターや楽器の音、ヒトの声。
それらの性格をつけているのは、
●周波数(振動数)
●音色
●音の大きさ


これらを、音の3要素と言います。


下の図をごらんください。
dm2_001.gif

普段、目には見えない音を、図で表したものです。


中央の山と谷になっているのが音色です。
この山の形(波形)の違いが、音色の違いになります。
ちなみに、この図の波形は、コンピュータ上で作り出した正弦波(サイン波)です。
自然界にはこんなキレイな形の波形は存在しません。
楽器の音色や自然界の音は、もっと複雑で細かい波形になります。


横軸が、周波数です。
山の頂点から次の山の頂点までを1周波といい、
1秒間の周波の数を周波数と言い、Hz(ヘルツ)で表します。
詳しくは前回の記事を参照してください。
簡単に言うと、この山が1秒間に1000個あれば1000Hzってワケです。


縦軸は、音の大きさです。
この山が高いほど大きな音に、小さい山なら小さくなります。
音の大きさはdB(デシベル)で表しますが、dBは相対値で、
説明すると長くなるので(分りやすく説明する自信がない。笑)
気になる方はgoogleで調べてください(笑)






簡単でしたが、音の3要素についてお分かりいただけたでしょうか?
次回はいよいよ本題、音のデジタル化についてです。


音に限らず、パソコンで扱うデータはすべてデジタルです。
簡単にアナログとかデジタルとか言ってるけど、デジタルってなに?
音をどうやってデジタルにするの?

ってな所から入っていきたいと思います。


感想・質問・要望など、お気軽にコメントしていってくださいね♪
みなさんからの反響が更新の励みです^w^

スポンサーサイト
はじめまして!
コメントありがとうございます(^-^)ボーカル録音のコツということですが、アナログと違ってデジタルMTRは処理できる最大音量を少しでも超えるとノイズになるので、レベルメーターとにらめっこしながらやるしかないですね(^_^;)1発録りにこだわらず、盛り上がるとこと静かなとこと分けて録音してダイナミックレンジを稼ぐといいと思いますよ!
あとSM58はボーカル用なので、吹かれ防止のためハイパスフィルターが入ってますので、ポップガードを使ってるなら外したほうがいいです。それでも男性ボーカルでは低音が物足りなく感じる場合があるかもなので、そのときは楽器用のSM57を使ってみたら解消されると思います!
あとは声質に合わせてEQかけたりマイクの位置や距離を工夫してみて自分にベストなマイキングを探してみてください(^-^)
[ 2005/06/12 12:52 ] [ 編集 ]
DTM講座
拝見しました?勉強になります。
今デジタルMTRを買って半年ほど、独学で宅録してるのですが、どうしても歌録りがうまくいきません。(マイクはSHUREの58です)
オケはなんとか聴けるレベルにはなったんですが…。コツみたいなのがあったら参考にしたいのでお願いしますm(__)m
[ 2005/06/11 14:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Twitter

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

takechang

  • Author:takechang
  • 医療系SE。EMR開発してます。
    ギー太はFENDER USAのテレキャスターシンライン。
    古くからSONY党だったが、iPhone以来すっかりApple信者。
    Mac買ってもうた。
リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。